プレスリリース

わたしたちは、人もクルマもホッとする東京の街づくりを目指します。
公益財団法人東京都道路整備保全公社
文字サイズ

新着情報メニュー

ucodeNFCタグを活用した歩行者への情報提供を都道新宿副都心四号線で実施~スマートフォンを利用した実証実験~

2013年4月25日(木)
 東京都と公益財団法人東京都道路整備保全公社は、道路施設の維持管理のために都道新宿副都心四号線の歩道上に設置したucode(※1)NFC(※2)タグ(以下、「ICタグ」)を有効活用し、周辺の公的情報に加え、災害時の避難場所、店舗等、その場所に応じた情報を一般歩行者にスマートフォンを通じて提供する実証実験を実施します。
 道路空間の新たな情報インフラであるICタグを活用して、道路利用者の利便性向上等、道路の機能を高める「賢い街路(スマートストリート)」の実現を目指します。
※1個々の「モノ」や「場所」などに割り当てられる国際標準規格の識別用番号。同じコードは二つとなく、流通する「モノ」や「場所」にすべて異なるコードが割り振られ、コードを読み取って、関連付けた情報にスマートフォン等からアクセスするといった使い方が可能
※2「Near Field Communication」の略。複数の非接触ICカードの無線通信規格と互換性を持つ国際標準規格

1.期間 平成25年5月1日(水)10時から5月26日(日)24時まで
2.対象エリア 都道新宿副都心四号線の地上歩道部及び地下歩道部
対象タグ数34箇所(地上歩道部10箇所、地下歩道部24箇所)

3.実験概要 この実験は、街路灯等に設置されているICタグを、NFC対応スマートフォン※3を用いてタッチすることで、場所情報提供サービスが利用できます。実証実験を踏まえ、ICタグを広く一般に公開し将来の多様な利用方法を検討していきます。

街路灯等に設置されたICタグのイメージ


実施にあたり
実験期間中に、ICタグをタッチして、情報サイトをご覧になられた方は、サイトに記載されたキーワードを確認して、懸賞に応募することができます。なお、実験期間中に利用できるICタグの上部には下記の案内シールを貼り付けています。
NFC対応のスマートフォン※3をお持ちの方は、どなたでもアクセスすることができます。
※3 NFC対応スマートフォンはこちらをご覧ください。(85.1KB)
※4 体験会のご案内はこちらをご覧ください。(155KB)

(例)

案内シール


街路灯等に設置されているICタグ
【お問い合わせ先】(公財)東京都道路整備保全公社 総務部 公益事業課 原、竹澤
TEL:03-5381-3368(直通)
お問い合せQ&A関連リンク個人情報保護方針 ページの先頭
  1. ホーム
  2. 新着情報
    1. 新着情報
    2. プレスリリース
  3. 公社について
    1. 公社のあらまし
    2. 経営理念
    3. 事業概要
    4. 事業規模・運営状況一覧
    5. 公社のあゆみ
    6. 公社の組織・主要機構
    7. シンボルマーク・所在地
    8. 採用情報
    9. 寄附のお願い
  1. 公社の事業
    1. 道路事業
    2. 駐車対策事業
    3. 自主経営事業
    4. 公益目的事業第三者評価委員会
  2. 駐車場
    1. 公社駐車場の概要
    2. 公社駐車場
    3. 東京都駐車場
    4. 自転車駐輪場
    5. s-park
    6. s-park for riders
  1. 助 成
    1. 自動二輪車用駐車場整備助成
    2. 満空情報発信端末設置助成
    3. 駐車場名入りP看板設置助成
    4. その他の助成
    5. PDF・申請書類各種ダウンロード
  1. 各種情報
    1. みちづくりサポートWEB
    2. 新宿駅西口広場イベントコーナー
    3. 橋脚内見学ツアー
    4. 道路見学ツアー
    5. 花プロジェクト
    6. プロムナード・ギャラリー
    7. 広報誌「TR-mag.」
    8. 都内の道路工事情報
    9. 道路アセットマネジメント
    10. 土木材料試験センター
  2. 契約情報