公益目的事業第三者評価委員会

わたしたちは、人もクルマもホッとする東京の街づくりを目指します。
公益財団法人東京都道路整備保全公社
文字サイズ

Tr-mag.公社の事業

Tr-mag.平成15年度 評価対象事業(1)「s-parkサービス」

[目 的]
違法駐車は、交通渋滞や交通事故の原因となり、環境面でも様々な問題を引き起こし、交通の円滑化や都民生活の妨げになっている。民間事業者等と協力して、駐車場の位置・満空情報を提供することにより、既存駐車場の有効活用と、交通渋滞の解消を図る。
[概 要]
民間企業の駐車場管理システム及び駐車場誘導システムから駐車場空き情報をs-parkシステムに集約し、公社が調査した駐車場位置情報と合わせデータベース化し、ホームページ及び携帯電話等で、無料で情報提供している。あらかじめ駐車場情報を入手することで、ドライバーは迷うことなく安心して、駐車場に入庫することができる。
[成 果]
●s-parkトップページへの月平均アクセス件数は、平成14年度23千件、平成15年度40千件と増加を続け、着実に駐車場情報の利用者を拡大している。
●平成15年に実施したs-park利用者アンケート調査によると、s-park利用者のうちの42%がs-parkで検索した駐車場を実際に利用している。
●低コスト・軽装備で効果の高い駐車場案内システムの整備を検討していた武蔵野市は、平成16年3月から、s-park方式による駐車場案内システムを整備した。s-parkを中心とした駐車場案内ネットワークが都内で拡大しつつある。
[評価結果一覧]
  公益性 必要性 効率性 実 績 総合評価
5:極めて高い 3人 4人   5:極めて良好 2人 5:極めて良好 4人
4:高い 2人 1人 4人 4:良好 3人 4:良好 1人
3:普通     1人 3:普通   3:普通  
2:低い       2:不十分   2:不十分  
1:極めて低い     1:極めて不十分   1:極めて不十分  
[委員からのコメント(主なものの要旨)]
  • インターネットの利用、VICSとの連携という点で従来の手法に比べて効率性は格段に高い。今後、より総合的な管理運営システムへの発展が期待される。
  • 成果を都民に広く還元する努力も必要であると思われ、一般的なドライバーだけでなく、障害者や高齢者などの視点を考慮した技術開発が望まれる。
  • 「費用対効果も大きいこと」、具体的には「渋滞が緩和された可能性が高いこと」をもっと明確にする必要がある。
  • s-parkは社会貢献度の高い事業であるが、駐車場事業者にも利益をもたらしている側面もあるので、事業者にも応分の費用負担を求めるべきである。
  • -parkのネットワークを更に発展させて、適切な場所に適切な量の付置義務集約共同駐車場を設置する事業のコーディネイターなど、地区駐車場の総合的なマネジメントシステム確立の推進役を期待する。
お問い合せQ&A関連リンク個人情報保護方針 ページの先頭
  1. ホーム
  2. 新着情報
    1. 新着情報
    2. プレスリリース
  3. 公社について
    1. 公社のあらまし
    2. 経営理念
    3. 事業概要
    4. 事業規模・運営状況一覧
    5. 公社のあゆみ
    6. 公社の組織・主要機構
    7. シンボルマーク・所在地
    8. 採用情報
    9. 寄附のお願い
  1. 公社の事業
    1. 道路事業
    2. 駐車対策事業
    3. 自主経営事業
    4. 公益目的事業第三者評価委員会
  2. 駐車場
    1. 公社駐車場の概要
    2. 公社駐車場
    3. 東京都駐車場
    4. 自転車駐輪場
    5. s-park
    6. s-park for riders
  1. 助 成
    1. 自動二輪車用駐車場整備助成
    2. 満空情報発信端末設置助成
    3. 駐車場名入りP看板設置助成
    4. その他の助成
    5. PDF・申請書類各種ダウンロード
  1. 各種情報
    1. みちづくりサポートWEB
    2. 新宿駅西口広場イベントコーナー
    3. 橋脚内見学ツアー
    4. 道路見学ツアー
    5. 花プロジェクト
    6. プロムナード・ギャラリー
    7. 広報誌「TR-mag.」
    8. 都内の道路工事情報
    9. 道路アセットマネジメント
    10. 土木材料試験センター
  2. 契約情報