公益目的事業第三者評価委員会

わたしたちは、人もクルマもホッとする東京の街づくりを目指します。
公益財団法人東京都道路整備保全公社
文字サイズ

Tr-mag.公社の事業

Tr-mag.平成16年度 評価対象事業(3)「駐車場経営相談の実施」

[目 的]
駐車場の設置促進と業務の円滑な管理・運営を支援し、都内駐車場の収容台数の拡大と安定した確保を図るため、公社の駐車場経営におけるノウハウを活用した、法規・税制・管理・採算性など駐車場全般に関しての無料相談を実施する。
[概 要]
●平成6年から、継続して駐車場の経営相談を行っている。
●主な相談内容は、駐車場法第12条の設置届など法規に関するもの、駐車場を経営するに当たっての採算性,管理・運営一般などである。
●具体的な内容は、立地条件,形態選択・変更,収益性,駐車料金の設定,その他駐車場にかかわる全般的なことである。
[成 果]
平成16年4月から平成17年3月末までの相談件数は、電話によるもの59件、来社によるもの22件、駐車場関係参考図書の貸し出し及び関連相談によるもの54件、合計135件であった。
[評価結果一覧]
  公益性 必要性 効率性 実 績 総合評価
5:極めて高い   2人   5:極めて良好   5:極めて良好 1人
4:高い 2人 1人 2人 4:良好 1人 4:良好 1人
3:普通       3:普通 1人 3:普通 2人
2:低い 2人 1人 2人 2:不十分 2人 2:不十分  
1:極めて低い     1:極めて不十分   1:極めて不十分  
[委員からのコメント(主なものの要旨)]
  • 相談をしたことによって経費が節約できた事例、より利益があがるようになった事例などを積極的にアピールすべきではないだろうか。社会的ニーズはあると思うのだが、相談実績が少ない。原因を分析して事業を見直す必要がある。
  • 都民にとっては、安心して相談することができ、客観的な回答を得られる場を提供しているという点で、公益性は高いといえる。駐車場経営者にとっては収益性が最重要とみなされるだろうが、それに加えて、環境や緑化、バリアフリー等に配慮した回答を期待したい。
  • 個別事業として進めるより、都民向けの連絡・駐車場利用・経営一般のサービスの一環として、資料室、情報センターを設けて進めるなどの工夫が望ましい。テーマ毎に特定日(月1回など)で相談にあたることなども検討したらどうか。
お問い合せQ&A関連リンク個人情報保護方針 ページの先頭
  1. ホーム
  2. 新着情報
    1. 新着情報
    2. プレスリリース
  3. 公社について
    1. 公社のあらまし
    2. 経営理念
    3. 事業概要
    4. 事業規模・運営状況一覧
    5. 公社のあゆみ
    6. 公社の組織・主要機構
    7. シンボルマーク・所在地
    8. 採用情報
    9. 寄附のお願い
  1. 公社の事業
    1. 道路事業
    2. 駐車対策事業
    3. 自主経営事業
    4. 公益目的事業第三者評価委員会
  2. 駐車場
    1. 公社駐車場の概要
    2. 公社駐車場
    3. 東京都駐車場
    4. 自転車駐輪場
    5. s-park
    6. s-park for riders
  1. 助 成
    1. 自動二輪車用駐車場整備助成
    2. 満空情報発信端末設置助成
    3. 駐車場名入りP看板設置助成
    4. その他の助成
    5. PDF・申請書類各種ダウンロード
  1. 各種情報
    1. みちづくりサポートWEB
    2. 新宿駅西口広場イベントコーナー
    3. 橋脚内見学ツアー
    4. 道路見学ツアー
    5. 花プロジェクト
    6. プロムナード・ギャラリー
    7. 広報誌「TR-mag.」
    8. 都内の道路工事情報
    9. 道路アセットマネジメント
    10. 土木材料試験センター
  2. 契約情報