公益目的事業第三者評価委員会

わたしたちは、人もクルマもホッとする東京の街づくりを目指します。
公益財団法人東京都道路整備保全公社
文字サイズ

Tr-mag.公社の事業

Tr-mag.平成19年度 評価対象事業(2)「みんなのやさしいみちづくり活動」支援事業の実施

[目 的]
都道における道路環境改善の促進に関する地域の自主的な活動を支援し、美しいみちづくりや地域の安全・安心に貢献することを目的とする。
[概 要]
道路環境改善の促進に自主的に取り組んでいる地域の活動を支援するため、その活動費の一部を助成する事業
[成 果]
平成18年度助成内容(応募12件→3件)
  1. 豊島区立小学校PTA連合会:「子ども110番の家」安全マップの作成
  2. くにたち・まちづくり∞自転車倶楽部:自転車利用者の駐輪に対する啓蒙活動の実施
  3. 旭町二丁目町内会:花壇の改良
平成19年度助成内容(応募15件→4件)
  1. NPO法人あふネット:高齢者・障害者・子どもにやさしいトイレガイドマップ(都電荒川線沿線)の作成とシンポジウムの開催
  2. 東寺方自治会:「交通安全対策講演会」の開催等
  3. 通園・通学路花むすびネットワーク:「花の駅」の設置(新しい花壇づくり)
  4. 落四小&目白銀座商店会花植え隊:目白通りの緑化美化活動(土壌改良)
[評価結果一覧]
  公益性 必要性 効率性 実 績 総合評価
5:極めて高い 3人 1人   5:極めて良好 2人 5:極めて良好 2人
4:高い 2人 4人 4人 4:良好 3人 4:良好 3人
3:普通     1人 3:普通   3:普通  
2:低い     2:不十分   2:不十分  
1:極めて低い     1:極めて不十分   1:極めて不十分  
[委員からのコメント(主なものの要旨)]
  • 都民のニーズに合致した、公益性の高い事業として評価できる。また、地域住民の活動を通して「みちづくり」の可能性が広がっていくという点からも、公社が取り組むべき事業としてふさわしい。
  • こうした市民活動の支援は公社の公的事業としてふさわしいものと考えられる。できるだけ幅広くアイデアに富んだ提案を採択する仕組みとすることが望ましい。
  • 広報活動が重要である。全国の事例を参考に支援内容について紹介し、広報する努力を進めてほしい。
  • 毎年数団体でも良いので、できるだけ長く継続させてほしい。
  • 最初から団体数を決めず、資金が許す範囲内でできるだけ多く選択したり、応募状況を見て、金額・件数を増やすことなどを検討したらどうだろうか。
お問い合せQ&A関連リンク個人情報保護方針 ページの先頭
  1. ホーム
  2. 新着情報
    1. 新着情報
    2. プレスリリース
  3. 公社について
    1. 公社のあらまし
    2. 経営理念
    3. 事業概要
    4. 事業規模・運営状況一覧
    5. 公社のあゆみ
    6. 公社の組織・主要機構
    7. シンボルマーク・所在地
    8. 採用情報
    9. 寄附のお願い
  1. 公社の事業
    1. 道路事業
    2. 駐車対策事業
    3. 自主経営事業
    4. 公益目的事業第三者評価委員会
  2. 駐車場
    1. 公社駐車場の概要
    2. 公社駐車場
    3. 東京都駐車場
    4. 自転車駐輪場
    5. s-park
    6. s-park for riders
  1. 助 成
    1. 自動二輪車用駐車場整備助成
    2. 満空情報発信端末設置助成
    3. 駐車場名入りP看板設置助成
    4. その他の助成
    5. PDF・申請書類各種ダウンロード
  1. 各種情報
    1. みちづくりサポートWEB
    2. 新宿駅西口広場イベントコーナー
    3. 橋脚内見学ツアー
    4. 道路見学ツアー
    5. 花プロジェクト
    6. プロムナード・ギャラリー
    7. 広報誌「TR-mag.」
    8. 都内の道路工事情報
    9. 道路アセットマネジメント
    10. 土木材料試験センター
  2. 契約情報