道路アセットマネジメント推進室
東京都道路整備保全公社
公益財団法人 東京都道路整備保全公社の受託事業及び公益事業の概要
1)「東京ブリッジサポーター」制度
当公社では、都民の方々と協働で都内の橋梁などの道路施設の安全・安心を確保するため、道路管理者である国土交通省、東京都、区、市、町、村等と連携を取った都民ボランティア「東京ブリッジサポーター」制度を運用しております。

東京ブリッジサポーター東京ブリッジサポーター制度とは?
この制度では、「東京ブリッジサポーター」を当公社が開催する「インフラメンテナンス及び東京ブリッジサポーター講習会」を受講された方の中から認定します。
そしてその方々の協力により、日常生活の中で感じ取った道路施設の異常や変状の情報をスマホや携帯電話等の端末機器で当公社へ連絡していただきます。(連絡いただく情報は、①「状況の写真」、②「簡潔な状況の説明」、③「場所の住所や路線、施設名等」です。)
その情報の内容が、緊急な措置が必要と予測される場合、当公社から各道路管理者を選択して連絡し、対応を依頼するなど事故等を未然に防ぐことを目的としています。
本ホームページ掲載の文章・写真等の著作権は東京都道路整備保全公社に属します。無断使用を禁じます。